「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

楽天勝利!東北の底力

楽天イーグルスの仙台開幕戦が始まりました。仕事絡みで球場へ足を運びました。


f0237601_7384418.jpg



「がんばろう東北」
すばらしい晴天です。
この日で震災からちょうど50日です。こんなに早く球場が復興するなんて驚きであり、球団もファンも感無量だと思います。




せっかくなので、楽天好きの息子も連れて行きました。

f0237601_7384327.jpg






試合前のセレモニーです。星野監督を初めとした挨拶の後、黙祷です。


f0237601_7384380.jpg






津波にのまれて行方不明の姪に、Kスタでの野球観戦をせまがれてた事を思いだし、目頭が熱くなりました。





試合は田中投手の力投!!打線は低調でしたが、田中の完投で3対1で楽天イーグルスの勝利!今日の試合は我々にとっても、ものすごく大事な試合だったので、勝って本当に良かった!です。

f0237601_7384435.jpg






試合後の嶋選手会長のセレモニーが素晴らしく、とても共感しました。こんな内容だったと思います。

f0237601_7384478.jpg





「この1ヶ月で、何のために戦うのかはっきりしました。誰かのために戦う人間は強い。東北の皆さん、絶対に乗り越えましょう、この時を。絶対に勝ち抜きましょう、この時を。絶対に見せましょう、東北の底力を。」

f0237601_7384429.jpg

この日はサッカーのベガルタ仙台も勝ちました。多くの人々が大きな勇気を貰えた一日だったと思います。
[PR]

by styles-v | 2011-04-30 07:38 | 佐々木ブログ

南三陸町、歌津での炊き出し

おとといになりますが、我社、スタイルスの炊き出し隊が南三陸町歌津地区へ行ってきました。






今回の部隊は「天海のろばた」チームがメインです。馬場親方を先頭に、若手アルバイト達が追従、更に系列店から真壁親方も助っ人で。何しろ、店舗の営業もしてるので、社員スタッフが総出で行けないのが、悩みの種。

f0237601_2144530.jpg




しかし、今回はろばたの料理人達が店で炊き出し用の仕込みをしてくれました。現場に行けなくても、裏方でサポート、ありがとう!!

f0237601_2144593.jpg





地元の僕らは、大掛かりなことを1、2回、ドーンとやるのではなく、息切れしないように無理をせず、固く長期的に続けて行こうと決めています。正直、会社や店の復興もまだまだなのですが、出来る限りがんばりたいです。エスコート役はこのブログでもお馴染み、仙台とどけ隊の八尋君。仙台と被災地を往復で日々、奮闘しております。

f0237601_2144584.jpg


f0237601_2144542.jpg





この日は夕食用の献立をセレクト。メインは特製さばの味噌煮。そして、おばんざい系、大根の切干やポテトサラダ、おつけもの、芋の子汁など、地味かもしれないけど家庭的でなおかつプロの職人がつくったおいしいご飯を提供できたと思います。ただ、仕込みが少し足りなかったので、その場でアジのフライを揚げたり、お届け隊の皆さんが仕込んでおいた、カレーなどもだしました。

f0237601_2144519.jpg



配給は2ケ所で。まずは120名ほどが避難されてる名足保育園。八尋君と二人で出張お届け、またたく間にソールドアウトとなりました。そして、この日の炊き出しメインは国道45号沿いコンビニ駐車場。こちらもたくさんの方達が見えられ、まもなく品切れとなりました。何人かの方々とお話をしましたが、喜んでもらえて良かったです。

f0237601_2144581.jpg





忙しくて、提供してる写真は撮れませんでしたが、スタッフの笑顔の写真がこの日の充実感を物語ってました。一日お疲れ様でした。
[PR]

by styles-v | 2011-04-23 21:44 | 佐々木ブログ

神奈川よりメッセージ!

昨日は神奈川より大変熱いメッセージと、うまくてバリエーションも充実の炊き出しを名取市役所前で提供してもらいました。





神奈川の飲食業界11社が集合!その名も「かながわイレヴン」


いろいろお世話になってるフードリンクの安田社長と僕が兄貴分と思ってる、外食コンサルタントの出(いで)さん、伝説のすた丼でお馴染みのアントワークスの早川さん、エイトの女性社長の近藤さん、外食文化研究所の水口さんなど、それぞれの企業のトップが引き連れ、大人数のスタッフで来仙!来名取!


f0237601_2231940.jpg





ホントにありがたいです!!!必ず、恩返ししたいです。

f0237601_2231998.jpg





うちのスタッフもドリンクコーナーを仕切らせてもらいました。この日の参加メンバーはもちろん、全員自主参加。国分屋の山田、吉田、六角、村井、風間、ろばたの西塚、馬場、パンチョ、そして東芝テックの新貝さんと佐々木の計10名。各種ソフトドリンクとこの日は大快晴の満開、お花見日和ということで、生ビールと冷酒も提供いたしました。

f0237601_2232082.jpg


f0237601_2231972.jpg




写真の通り、桜満開。避難所から送迎バスで来た人達も一瞬、被災のことを忘れるね!と言ってました。良かったです。


f0237601_2232066.jpg




何しろ、多くの人達が来ました。炊き出しというよりは、花見のイベント会場という雰囲気!それが逆に良い意味で盛り上がりました。


f0237601_2232041.jpg





しかし、現実は地元の名取や会場にも見えてた、亘理、山元の被災地の方々は今も生活環境の困難な方、多いです。いろんな人と話ができました。






写真、右側の男性。

f0237601_2231951.jpg



3年前に脳梗塞を起こして、状態が良くなってきた矢先に今度の震災。津波から間一髪逃れたとの事。今は名取市内の中学校の体育館に避難してるそうです。「しばらく、お酒を飲んでない!飲みたい」日本酒を注ぎました。





でも、あまり飲んじゃまずいはずなので、少しだけです。お知り合いでしょうか。隣のおばちゃんに「せっかく、貰った命だ。もう、やめとけ!」とお小言。



お酒をこういう場で提供するのは結構、難しいです。飲みたい人にホントは飲んでほしいのだけど、避難所に帰ってからのシチュエーションを想像すると、あまりその時のノリで無責任な事もできません。




水とお茶のペットボトルをお土産に渡しました。 「おっちゃん!また、来てね。」


上の写真に戻ります。そして、10分も経たないうちに、屋台の向かいで今度は藤原屋の大友君と語り合い。このなごんだ雰囲気、まるで、昔からの近所付き合いのよう。いいぞ、大友!ガス抜き、ストレス発散なったようでした。





数多くの方々から、たくさんのありがとうの言葉とねぎらいの言葉をいただきました。こちらこそ力をもらいました。名取地域の被災地の皆さんと大きな会場で触れ合えたのは本当に良かったです。安田社長初め、神奈川イレブンの皆様、どうもありがとうございました。





最後に名取市役所のロビーで東北楽天の監督、コーチ、選手の寄せ書きを発見!!

f0237601_2232065.jpg



「がんばろう東北」
東北楽天イーグルス、今年、優勝するのを確信してます。
[PR]

by styles-v | 2011-04-18 02:23 | 佐々木ブログ

南三陸町

来週、南三陸町に当社スタッフで炊き出しに行くのですが、今日、現場の下見をして来ました。
当社の日野、飲食店仲間のおなじみ八尋君、そして仙台とどけ隊の目黒君と同行!
f0237601_1755499.jpg



倉庫のメッセージボードもどんどん増えてます。



南三陸町はマスコミでもかなり取り上げられてますが、元々は志津川町と歌津町が平成の合併で一緒になった地域です。あわびやウニの養殖でも有名な漁業の町です。僕も夏には民宿などでお世話になったこともあります。今回は歌津の馬場中山地区へ足を運びました。

f0237601_17554981.jpg



現在でも沿岸の被災地域は半分以上、電気や水が不通なのですが、ここもそうです。


写真のセンターは今でも地域の人達が避難所として、使っております。

しかし、ここは風呂があり、写真の発電機で夜には、明かりも灯されてます。仙台とどけ隊や多くのボランティアの人達が手作りでライフラインを築いたとの事。
素晴らしいです。
f0237601_1755498.jpg




本当に海がきれいです。この日は晴天なので、なおさらだったのですが、写真の手前に見えるがれきとの違和感がより際立ちました。

f0237601_17554977.jpg




さて、炊き出しです。本日、ここを仕切ってるのは北海道から来て、滞在してるチームヤンジー。
段取り、手際が抜群!我々飲食関係はどうしても、簡単に思いがちなのですが、とてもとても。我々が仕切る際は、煮魚、おばんざいなどを予定してるのですが、皆さんに喜んでもらえるよな提供をしたいものです。
f0237601_17554961.jpg




私、佐々木のとなりに写ってるひとがヤンジーさん。炊き出し歴30年!!何でも料理が万能でできる、すさまじい什器を持ってます。この30年、いろんな被災地で炊き出しをしてきたそうです。
f0237601_17554947.jpg



ミスターサバイバル、かなりパンチのきいた方でした。

本日は札幌味噌ラーメン!
f0237601_17554974.jpg



この震災でつくづく感じてます。
助け合い。支えあい。人を批判しない。
今、とても大切です。


そして、今日、南三陸町にきて改めて、前にイザコーの松ちゃんが言ってた言葉が浮かびました。


「僕達が生きていられる今日という日は、明日どうしても生きたくても、生きられなかった方の今日です。」
[PR]

by styles-v | 2011-04-15 17:55 | 佐々木ブログ

また震度6強!

昨日の夜、東芝テックの新貝さんとサッポロビールの渡辺さんとで、情報交換をしました。テックさんからは、またしても救援物資を大量にご提供いただきました。サッポロビールさんは、名取のビール工場がまだ、復旧しておらず、大変なようです。一段階ついたら、被災地にうちで作る焼鳥とビールを提供し、被災地へ持って行こうと話し合いをして、場所を出ました。




その直後、



またしても大地震!!




夜の11時過ぎ、三代目日乃出屋に入った直後!



店内はあっという間に停電。国分町のうちのスタッフが何名が集まってきました。電気が復旧しません。表情もみんな、沈んでます。

f0237601_14453213.jpg


マジで暗っ!!



外は、というと




電気のついてる所とついてない所がマチマチ。






そして、ビルというビルから一斉に、人が溢れてきました。

f0237601_14453228.jpg





この深夜に震度6!携帯テレビでやってました。被災地で避難してる人達はさぞ、心細いでしょう。これからという時、本当に気持ちが下がります。今後もこの規模の余震が、断続的に続くという話もあるので、そういうことも想定しながら、ボランティアにしても会社の再建にしても、立ち向かって行かねばならないのでしょう。
[PR]

by styles-v | 2011-04-08 14:45 | 佐々木ブログ

店舗営業のお知らせ

東日本大震災で被災した皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

今日現在においての営業店舗のお知らせです。

営業中
天海のろばた
天海のてっぱん屋
百人屋台 国分屋
天海ハマ市場
三代目 日之出屋
あっぱれ商店
鍋屋兼造
プレイバック

明日より営業
一本どっこ

なお、営業時間につきましては、現在、全店フル営業に至っておりません。
全力で完全復旧を目指しておりますので、もうしばらくのご猶予をいただけるよう
お願い申しあげます。
[PR]

by styles-v | 2011-04-05 16:35 | インフォメーション

行動する人達

昨日は、当社の日野と二人で物資救援に行ってきました。日野も石巻出身であり、なおかつ、僕の弟の古くからの友人です。今回の件では、とても心を痛めてくれてたみたいです。







今回は、石巻の実家から近くの民家、そして湊小学校等をまわってきました。本当は、他地域の被災地も回るつもりだったのですが、飲食業界仲間の八尋豊君とその有志達が、南三陸から以北も回ってるとのことなので、自分達の地元を優先しました。

f0237601_1533035.jpg




相変わらず、至る所に瓦礫の山と水びたしの道路と、通行の困難な所が多かったですが、その中でも我々の向かった湊小などは、校内に滞在しているボランティアの人達が素晴らしくて、空気も明るく笑顔も飛び交う環境でした。






石巻の一部では、残念ながら、治安の悪い所も出てきてるのですが、どんな環境でも、少しでも気持ちを前向きに保ち、なおかつ仲間達との支え合いがあれば、人は明るく、希望が持てるという事を改めて、実感しました。






そして、今日は朝、炊き出し用のお米を分けてもらうために、八尋君達が管理している、物資倉庫へ行ってきましたが、様々な業種のボランティアスタッフがおり、知ってる人達も結構おりました。

f0237601_153303.jpg



f0237601_1533049.jpg




中でも、時空というIT会社の社長をしてる、檜野安弘という、20年来の親友&同士に会ったときは、泣けてきそうでした。





こういう最中だからこそ、しみじみ感じます。仲間は、大事な財産です。





この日も、この倉庫から大勢の人達が、被災地へ向かいました。







最後に、東京を初め、世の中は自粛ムードです。被災地を回ってる時、それって決して、好ましい事ではないんじゃないかと感じました。




もちろん、お金が回らないとか、経済的なこともとても大きいですが、更に言うと、ムダ使いをするとかではなく、正しい消費行動は大事で、特にこれからは、福島を初めとした東北各地が、風評被害とも戦っていかねばなりません。生産地の人達は、全国に東北の食材を食べていただく、例えば、我々飲食店はその食材を活用して、お客様に食べていただくといったような活動を長期的に継続していくのが、必須になります。



今、大きな打撃を受けてる被災地も、そう遠くないうちに必ず、魚、肉、野菜等を生産、供給するようになります。その時に出しても売れないのでは、という雰囲気に、するわけにはいかないのではないでしょうか。






問題意識を皆で共有すること。そして、アクションを起こす。それがこの難局を乗り越えることだと信じてます。




自社の復興も同じです。皆で乗り越えましょう。
[PR]

by styles-v | 2011-04-05 01:53 | 佐々木ブログ