「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

改めて、被災地において

f0237601_17483298.jpg

先日、弟と姪が行方不明になった場所が通行可能になったので、行ってきました。現場は写真の状態でした。


f0237601_17483219.jpg




凄まじ過ぎる現実を直視しました。この日は晴天で、青空にすごい違和感を感じてしまいましたが、数多くいた、自衛隊員の人達の懸命な作業を真のあたりにし、感謝の念を強く持ちました。


そして今回、現場に来て改めて思いました。


私の弟は、前にも述べたように自分の娘を保育所に迎えに行って、津波にのまれました。
海岸の近くにある、門脇保育所の子供達は当初、全員避難して高校の体育館にいるという情報を聞いており、唯一の幸いと思い、避難所へ向かいました。しかし、保育所の先生に話を聞いたら、確かに児童は全員、バスに乗ったのですが、弟がすんでのところでバスが発車する前に到着し、娘を自分の車に乗り換えさせて、その直後にあの大津波がきた訳です。


5分、遅く到着していれば娘だけは助かりました。
てっきり孫だけは生きてると信じ切っていた、うちの親父もそういってました。

しかし、どの親も同じ行動をとるはずです。
結果として、そうなっただけなのです。


現に私も3歳の息子がいる、保育所に迎えに行きました。
たまたま、そこの場所が海の近くにあったか、そうじゃなかったかだけの話です。
弟は、奥さんと離婚しており、6年近く、男手ひとつで娘を育ててきました。
最後まで一緒でよかったよね。と思ってやるしかないのです。


そして、週末に炊き出しや物資の配送で各地へ足を運び、そんな境遇の方々と数多く会いました。
僕たちはたまたま、そこの場所にいなかった。ただ、それだけの理由で、生存できてるだけです。
石巻や女川などの被災地に行った時、本当にそう思いました。
亡くなった方々。                                                助かったけど、いろんなものを失った方々。
そして、同じ被災者ではあるけど、まだまだ恵まれている僕たち。


これから、そんな僕たちは何をしていけばいいのでしょうか?


身近な仲間やスタッフにはこう伝えてます。                                少しでも満たされていると思った人は、できることから行動しよう。


仙台の街のど真ん中で、「がんばろう東北」とスローガンを貼ってるだけでは、大被災地の人達に伝わらないし、仮に伝わっても、すぐにでもアクションを起こさないと、がんばりきれないと思います。
今、この時にも電気も水もまったく復興してない地区がまだまだあるのです。


そして、行動と同時にいろんな思いも分かち合いたいです。
すべては他人事ではなく、自分事なのですから。
[PR]

by styles-v | 2011-03-31 17:48 | 佐々木ブログ

ありがとうございます

被災地用の救援物資、さっそくブログで要望を出してから、たった一日で
各所よりご連絡をいただきました。



f0237601_5123015.jpg




直接、お持ちいただいた、東芝テックさん。食糧の他に、生活用品など様々な物資をご提供いただきました。

f0237601_5123036.jpg



他にも、東京からわざわざ車で来てくれた、元居酒屋甲子園メンバーの渡辺修さん、
フードリンクの安田社長、東京、大坂屋の小野部長からはお米等をお送りいただきました。他にも お問い合わせをいただいております。皆様、本当にありがとうございます。さっそく、有効に活用させてもらいます。


f0237601_5123029.jpg




そして、昨日から天海のてっぱん屋と三代目日乃出屋が営業再開しました。まだまだ、在庫がないので、限定メニューではありますが、多くのお客様に営業再開を喜んでもらえました。こういう時期ではありますが、店を開けて、本当に良かったと思います。スタッフ諸君も頑張ってくれました。ご苦労様、そしてありがとう。
[PR]

by styles-v | 2011-03-26 05:12 | 佐々木ブログ

がんばろう東北!俺達は強い。

f0237601_21534119.jpg

f0237601_21534130.jpg

震災後、個人的にも会社的にも激動の日々が続いてる中、以前も紹介しましたが、仙台市内で炊き出しをしております。今日もあっぱれ商店前で弁当や惣菜を提供してまいりました。おにぎり100円、カレー200円、バナナは無償で提供致しました。取引業者さんの孝州さんからの物資提供です。ありがとうございます。







言うまでもありませんが、我々は全員被災者です。被災者同士で支え合っております。しかし、海岸、半島方面の人達は更に大変な状態なのです。私は現地でそれを確認しました。



ひところ前よりは良くなってきましたが、一個のおにぎりを4人で分け合って食べてたりしてる所とかが当たり前のように存在しております。





自分も肉親が行方不明になり、これから会社の立て直しと、しなきゃいけない事が山ほど、ありますが、今、優先しなきゃいけないのは、食に困ってる人達の所で炊き出し提供することが、飲食業の我々の責務だと思っております。






残念ながら、全国から頂いてる食糧物資が、宮城県庁で輸送の関係で止まって、被災地に届いてないケースもあります。





今日、フードリンクの安田さんに電話でその旨をお伝えいたしました。





フードリンク内でもいろんな外食企業の救援提供の記事を拝見いたしましたが、もし可能であれば、当社に食糧物資のご提供をしていだだけるとありがたいです。





必ず、当社が現地で炊き出し提供をするので、是非、皆さまのご協力をよろしくお願い致します。
[PR]

by styles-v | 2011-03-23 21:53 | 佐々木ブログ

復興への第一歩

今日から百人屋台国分屋の営業を再開します。すでにあっぱれ商店は14日から営業をしていたので、復興の第一歩として2店舗の再開です。震災直後から、東口と一番町と国分町2ヵ所で炊き出しを市民の皆さまに提供してました。業者さんからもこの環境下で、食材を運んでいただきました。





様々な方たちから、援助や激励をいただきました。

本当に本当にありがとうございます。遠方の方々からも「電話連絡が取れず、心配した」という電話も多々いただきました。不通でまだ、連絡できてない方、ごめんなさい。つらいことは、あったけど、佐々木もスタイルスも元気です。


先日、うちのあっぱれ商店に足を運んだ時の店内の活気を見た時、嬉しかったのと同時にスタッフ達の頼もしさを強く感じ、彼らとなら、この難局をも乗り越えられると確信しました。

f0237601_16241240.jpg





必ずこの危機を克服し、突き進んでいくことを宣言します。


このブログを読んでいただいてる、パートナー企業様、そしてお客様。
多々、ご迷惑をおかけすることがあるかとおもいますが、これからもよろしくお願いします。     そして、共にがんばりましょう!



石巻にいった時、ちょっと感動したことがありました。
中心部のいたる所ががれきの山だったのですが、その中で町を飾る、石森章太郎のキャラクター達、たとえば、仮面ライダー、キカイダー、ゴレンジャー、サイボーグ009などらが、どれひとつとして破損してなかったのです。まちがいなく、復興のシンボルなんだと感じました。
f0237601_16241237.jpg



石巻だけじゃなく、被災にあったどの町も必ず、再生、復興のシンボルがあると思います。
今はまだまだ、現実が凄過ぎて、何も見えないと思いますが、そう遠くないうちに見えてくるでしょう。



東北楽天の星野監督がこんなメッセージを発してくれました。この言葉をラストに締めます。




「人生の中で、最も大きな困難、苦難を経験している。
 でも弱音は絶対に吐かない。私はこう思うようにしている。
 困難、苦難は乗り越えることができる人間にしか、降りかかってこない。
 そう言い聞かせている。」
[PR]

by styles-v | 2011-03-22 16:24 | 佐々木ブログ

被災地石巻

弟のことやら家のことやらで石巻へ行って参りました。


f0237601_2181141.jpg







テレビでは見ていたものの、実際、生で見ると、あまりの町の変わりばえに唖然としました。

f0237601_2181260.jpg









自分の生まれ故郷の凄惨な姿を見て、必ず、復興をさせる決意を強く持ちました。

f0237601_2181224.jpg







会社のHPにリンクされているブログに被災写真を掲載していいのか、考えましたが、自分自身が折れないためにも、この目に焼きつける思いで写真を載せました。

f0237601_2181256.jpg



f0237601_2181263.jpg





全国からの激励にとても、感謝しております。







改めて、その気持ちを記載させていただきます。
[PR]

by styles-v | 2011-03-21 02:18 | 佐々木ブログ

東日本大震災

石巻に住んでる弟と、その6歳の娘、私にとっては姪にあたるのですが、津波で流されて、行方不明になりました。生存を信じたいのですが、状況的に見て、絶望的です。




f0237601_14521039.jpg







昨日、異業種の経営者仲間の皆さんと石巻へ救援物資に行ってきたのですが、その時に判明しました。

f0237601_14521030.jpg





保育所にいる娘を迎えに行った直後の事でした。ひばり野という、海岸からすぐの場所で、ニュースにもたびたび出てる、石巻市立病院のすぐ近くです。地震の直後に間を置かずに、15メートル程の津波が来たそうです。現在、病院以外はがれきだらけです。







姪はこの春に小学校に入学する予定で、家には新品のランドセルが置いてありました。





石巻で同居してる、私の母親は号泣でした。あまりに酷い結末です。






町も凄惨、窮まりないものでした。

f0237601_14521076.jpg


f0237601_14521019.jpg


f0237601_14521014.jpg




これ以上の身内、従業員、関係者、お客様の不幸が増えないようにただただ祈るのみです。
[PR]

by styles-v | 2011-03-18 14:52 | 佐々木ブログ

盛岡市での講演会

先週になりますが、盛岡市の主催で市内東部にある八幡、河南地区の飲食店組合の皆さんに向けて講演をさせていただきました。





テーマとしては「再生と原点回帰」といったところです。これはうちの会社の今年の大きなスローガンであり、我々自身が取り組んでいかなければならないことなので、そういう思いもあったのですが、もう一つはこの河南地区自体の再生そのものも今回の大きな主旨なのです。




この河南地区は盛岡市の駅から東へ向かい、車で10分程度のところなのですが、昔々は盛岡を代表する繁華街だったらしく、その当時は平日でも歩行者同士が肩がぶつかる程の賑わいだったそうです。





地区一体を一通り見てきましたが、その当時の面影は所々あるのですが、正直、現在においては相当さびれた状態であり、再生自体も容易ではないだろうと感じました。






その半面、そこからもう少し、駅方面に戻ると、じゃじゃ麺で有名なパイロンという店がある古い横丁街があるのですが、そこは市が再開発で一帯を更地にしてビルにする構想があり、地元民の反対も大きいそうです。





この件に限らず、仙台もそうですが、街をリノベーションするというテーマは同じなのに、古き良きものを残す、または再生するという方針と再開発でビル並びに施設を建てるという真逆といっていい方針とが、どういう流れで変わっていくのでしょうか?






どっちがいいとか悪いとかという話ではないです。昔、繁栄してた繁華街が衰退してるのは、これに限ったことではなく、全国至る所にあり、特に現在、東北はほとんどそういう所ばかりといって過言ではありません。その反面、東京では浜倉さんプロデュースを中心にした横丁ブームがまだまだ盛り上がってます。先日も有楽町産直飲食街に行った時は、お客さんで溢れかってました。仙台もかつて、三越の向かいに東一連鎖街、通称ションベン横丁というのがあったのですが、現在、そこの跡地にはテナントがガランガランで人っけもあまり無い、うら寂しい再開発ビルが建っており、今では周辺の人達や歩行者までもが、「ションベン横丁の時は良かったよね!」という会話が飛び交う状態です。





実際、古いものを再生するのは口でいう程、簡単ではなく、老朽化した設備面、環境面、火災などのリスク等を想定すると、新しいものにした方が手っ取り早いし、さらに一番重要なのは、ボロボロの環境で何十年かを経て、現代の社会環境や文化とのギャップにとうの昔にやる気をなくしてる人達のモチベーションを再度、上げられるのかというメンタル面の問題をクリアしなければなりません。





だからこそ今回の河南地区の人達には頑張ってほしいと強く感じました。自分で何か協力できることがあれば、微力だけどお手伝いしますということを伝えました。





浜倉さんもよく言ってますが、横丁には連帯感、一蓮托生的なものが絶対的に不可欠です。うちも仙台夜市に2軒、出店してますが、そういった雰囲気はちょっと薄いと感じてます。特にエンタメ型の横丁においては、店というよりも横丁そのものに足を運びたいという、お客さんの動機づけが必須なのです。そうじゃないとお客さんは足を運んでくれないのです。横丁内で足を引っ張ってる場合ではないのです。





この面をクリアするためには、横丁に入居したい人に最初にそこを理解してもらわないとダメだし、安易に進めると崩れるのは目に見えてます。



苦労が絶えないのですが、その分、やり甲斐も大きいはずです。特に河南地区のケースは、古くからの地元の人達がほとんどで、市や銀行などの人達も手弁当で再生に参加してる雰囲気を感じました。やはり、自分達の町をもう一度盛り上げたいという強い思いが全てです。僕自身にとっても、今年の会社のスローガンを成功させるためのいいきっかけと勉強になりました。
[PR]

by styles-v | 2011-03-06 01:45 | 佐々木ブログ

娯楽のホームラン酒場「あっぱれ商店」

f0237601_01596.jpg

f0237601_01591.jpg

f0237601_01592.jpg

お知らせです。実はビストロ屋台「アッパーレ」をリニューアルすることになりました。「早っっ!」って思ってる人、さぞ多いでしょう。





それなりに好評を得てはいるのですが、どうも我々の大好きなというか、愛してるというか、会社的に得意な男性サラリーマンが少ない!!!





だいたい、ご来店の八割は女性客。男はほとんど、カップルかグループ。個人的には女の人大好きなのですが、店としてはもっと男性にも来ていただきたいのです。





ある時、知り合いの男性客にそこらへんを取材しました。「正直、店構え的に男同士だと辛いものがあるよね。」





やっぱり、そうすか〓



僕自身も仕事や視察とかを置いとくと、プライベートで男同士だとやっぱ居酒屋とか一杯飲み屋になるしね。東京なんかだと、おっちゃん同士でも気軽に行けるワイン食堂が繁盛してるのですが。





まだまだ力不足です。






そんな訳で内外装をいじって、大衆酒場としてリニューアルしました。アッパーレの好評だったメニューはそのまま残してますので、いままでのお客様もそして、ご新規のお客様も是非、お待ちしております。







ぜひ!よろしくお願いします!!
[PR]

by styles-v | 2011-03-06 00:01 | 佐々木ブログ

仙台経済界2011、3,4月号

弊社記事ならびに代表、佐々木のコメントが26ページ「外食ビジネス繁盛の極意」という特集で掲載されております。
[PR]

by styles-v | 2011-03-02 16:19 | メディア掲載情報

外食情報サイト、フードリンク2011,2月版

弊社代表、佐々木のインタビューが仙台の経営者特集で掲載されております。
[PR]

by styles-v | 2011-03-02 16:15 | メディア掲載情報