津田鮮魚店がオープンします。

しばらくブログを更新できておらず、チラチラとみていただいてる皆さんにはご迷惑をかけてます。


ホントはいろいろ書き込みしたかったことが多々あったのですが。

たとえば居酒屋甲子園のことだったりとか。


とにかく忙しかったので、落ち着いたらまた、いろんな思いを記していきたいと思います。


さて、当社の店舗「浜やき天海」が3,11の震災以降、ずーっとクローズしてましたが、このたび、
装いも新たに「日本一の魚バカ市場 石巻港 津田鮮魚店」としてリニューアルオープンします。


オープン日は震災9カ月目の明日、12月11日です。




今回のコンセプトは一言で言うと、「港に水揚げされた、新鮮な魚介をその日に提供する」です。
とにかく、石巻の魚はホントに上手い!です。

先月に東京で朝どれ魚を提供してる店も何軒か周りましたが、ひいき目なしに見ても、魚のよさは石巻産がすばらしいと確信できました。この新鮮な魚介を自分達だけではなく、同業の方々にもぜひ、使ってほしいです。


もうひとつのコンセプトは、石巻の復興です。

今回、石巻の若いスタッフが何名か入りました。

いろんな意味でまだまだ厳しい環境の中、少しずつではあるけども、光も差し込んできてると感じています。雇用の促進と地元食材の販売、提供に力点をおいて、津田鮮魚店を展開していくつもりです。


さて、視察やら何やらの写真をアップしました。


私の身内もこの界隈で津波に流されました、石巻南浜地区。復興店舗を出すということで改めて、市場の帰りにスタッフ達と尋ねてきました。

f0237601_11152342.jpg


魚屋は店頭のディスプレイが肝です。
かに

f0237601_11152349.jpg

魚介諸々

f0237601_11152315.jpg

写真で見ると、どうってことないと思います。しかし、店頭前の雰囲気づくりとしては、欠かせないもんです。

小さいけど、横浜の大繁盛してる魚屋のディスプレイ。対面販売でお客の山です。

f0237601_1115239.jpg

f0237601_11152396.jpg


これは新橋です。七輪で焼くカニもシズル感があります。
[#IMAG
f0237601_11152355.jpg


当社の店舗、ナベケンの1階にも顔だし看板がありますが、(よく観光地にあるあれです)この看板はゴッツイ!所は浅草。左から津田鮮魚店の与太郎、大旦那の山田、サッポロビールの岸君です。

f0237601_11152382.jpg

最後に、当店の小倉与太郎。
笑顔はなかなか良いのですが、魚屋としては、すかし野郎なので皆さんぜひ、鍛えて下さい。

f0237601_11152351.jpg

[PR]

by styles-v | 2011-12-10 11:15 | 佐々木ブログ

<< 津田鮮魚店、オープン 御礼 >>