御礼

3,11の震災で死亡した、私の弟と姪の葬儀を昨日、石巻の清月記で執り行いました。


現在も6歳だった、姪の遺体は上がっておりません。


今でも沿岸被災地には多くの方々が行方不明になっており、その身内の方々が踏ん切りつけられずに苦悩しております。私もこの時期に葬儀を執り行うことがはたして適切なのか、悩み考えました。


今でもわかりません。

ただ、昨日の弟の友人達や姪の保育所の友達とその親御さんがご参列いただいたのを見て、やってよかったと感じています。


昨日の喪主挨拶でもいいましたが、弟と姪に限らず、今回の震災で多くの人々がもっと生きたかったという無念の思いで亡くなってると思います。生きたくても生きれなかった人々の分も、生かされてる僕達は、これからの人生をより本気で生きなければいけないと強く思っております。



特に弟、娘の同期の皆さんには自分の夢、目標を達成してすばらしい人生を送ってほしいです。

それが故人の一番の供養になると信じております。

多くのご参列をいただいた皆様方、ご献花、ご弔電をいただいたすべての皆様にこの場を借りて、改めて感謝申し上げます。
[PR]

by styles-v | 2011-11-07 19:26 | 佐々木ブログ

<< 津田鮮魚店がオープンします。 せんコン >>