南三陸町

来週、南三陸町に当社スタッフで炊き出しに行くのですが、今日、現場の下見をして来ました。
当社の日野、飲食店仲間のおなじみ八尋君、そして仙台とどけ隊の目黒君と同行!
f0237601_1755499.jpg



倉庫のメッセージボードもどんどん増えてます。



南三陸町はマスコミでもかなり取り上げられてますが、元々は志津川町と歌津町が平成の合併で一緒になった地域です。あわびやウニの養殖でも有名な漁業の町です。僕も夏には民宿などでお世話になったこともあります。今回は歌津の馬場中山地区へ足を運びました。

f0237601_17554981.jpg



現在でも沿岸の被災地域は半分以上、電気や水が不通なのですが、ここもそうです。


写真のセンターは今でも地域の人達が避難所として、使っております。

しかし、ここは風呂があり、写真の発電機で夜には、明かりも灯されてます。仙台とどけ隊や多くのボランティアの人達が手作りでライフラインを築いたとの事。
素晴らしいです。
f0237601_1755498.jpg




本当に海がきれいです。この日は晴天なので、なおさらだったのですが、写真の手前に見えるがれきとの違和感がより際立ちました。

f0237601_17554977.jpg




さて、炊き出しです。本日、ここを仕切ってるのは北海道から来て、滞在してるチームヤンジー。
段取り、手際が抜群!我々飲食関係はどうしても、簡単に思いがちなのですが、とてもとても。我々が仕切る際は、煮魚、おばんざいなどを予定してるのですが、皆さんに喜んでもらえるよな提供をしたいものです。
f0237601_17554961.jpg




私、佐々木のとなりに写ってるひとがヤンジーさん。炊き出し歴30年!!何でも料理が万能でできる、すさまじい什器を持ってます。この30年、いろんな被災地で炊き出しをしてきたそうです。
f0237601_17554947.jpg



ミスターサバイバル、かなりパンチのきいた方でした。

本日は札幌味噌ラーメン!
f0237601_17554974.jpg



この震災でつくづく感じてます。
助け合い。支えあい。人を批判しない。
今、とても大切です。


そして、今日、南三陸町にきて改めて、前にイザコーの松ちゃんが言ってた言葉が浮かびました。


「僕達が生きていられる今日という日は、明日どうしても生きたくても、生きられなかった方の今日です。」
[PR]

by styles-v | 2011-04-15 17:55 | 佐々木ブログ

<< 神奈川よりメッセージ! また震度6強! >>